PELTAS2

PELTAS2

triの絵置き場
管理人

tri (とり)

pixiv  twitter

tri (とり)
twitterID:tri_3_

連絡・仕事のご依頼など
tri_lanze☆msn.com
(☆を@に変更ください)

twitter

最近の記事
最近のコメント
月別参照
ブログ内検索

お世話になっているサイト様
相互リンク
バナー

リンクフリーです

http://blog-imgs-21.fc2.com/ p/e/l/peltas2/banner.gif

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080718 Fri
\射命丸/ 

\射命丸/ 

風神少女

暫定的に模様替え。白背景の方が何かと良い事に気が付きました。

そいえば東方絵ってほとんど描いた事なかったです \射命丸/
風神少女は一番好きなBGMの一つですね。

アニメ塗り多用しすぎなので珍しく水彩使ってみました。疲れました(´・ω・`)


※返信は次回ー すみませぬ

スポンサーサイト
20080713 Sun
キラ☆でチラッ☆ 

キラ☆でチラッ☆ 

芸能人は大変だ( ´∀`)


我ながらなんというアホなタイトルか。

一応ちゃんと塗ってますー↓
キラ☆


そして今週のマクロスFは熱かった…
全フロンティア艦隊一斉射撃とか統合軍パンチとか反応弾とか追撃戦とかー

そしてあまりのルカ+カナリア死亡フラグ立てまくりに心配になるどころかむしろ笑ってしまいました。
…結果全然関係ない人が墜ちましたけど(´・ω・`)



情報さん返信

>可愛すぎるぜ!犬耳中身がたがちとたらんかな?(笑)デモ問題ない!
八重歯装備は正義です (宇治軍団様)

八重歯は正義。これ世界共通(マテ
ランカのイメージってどう考えても犬ですよねぇ。。。(笑


コメント返信
>強引にフォールドに巻き込まれる点に、ファーストを感じる。ミハイル、やばいぞ、このパターンだとアンタはロイ・フォッカーと同じ運命だ。中の人も”神谷”だ。無事の帰還を祈る。そして最近当て馬気味のシェリルが可愛そう。巻き返しを。
なんとかミハイル無事帰還出来たようで一安心です。とりあえず負傷したミハイルを看病するクランに期待(・∀・)
…でも隊員が一人やられてるからそれどころじゃないかなー
今週のアルトを心配してたシェリルが可愛かったのはガチ。

20080707 Mon
シェリルがパイロットならランカはセーラーだっ 

シェリルがパイロットならランカはセーラーだっ 

キラッ ミ☆


なんていうかタイトルそのままです(笑
シェリルがパイロットコースを目指すのなら、ランカは対抗して水兵で行けばいいじゃない
などというよくわからない思いつきのもとに描いてみた。
こういう服はスタイルが貧弱な方がむしろ映えますのでランカに向いてうわ何を(ry

とりあえずキラッミ☆を描きたかったけどそのまんま描くのもなんだかなーといった感じから
描き始めたのが本音だったりもします(´▽`;

というか前回なんだか物語が動きまくってた影で忘れてましたけど
次の日の初ライヴどーするんだランカ(笑

…まさかシンデレラの魔法が解けるって初ライヴが開催出来ない⇒一気にブーム鎮火とかですか(;´Д`)


情報さん返信
>これはまた珍しいところを描いてくる(笑) 作者は寄星蟲さんの知人だったような(笑) (宇治軍団様)
しっかりご存知でらっしゃる(笑 作者さんは寄生蟲さんの知り合いだったのですか。
世の中意外と狭い…というかこの世界は特に狭いような気もしますが(;´∀`)

コメント返信
>えっ?『女皇の帝国』ってマイナーだったの?萌えミリタリーってメジャーじゃないの?気が付かなかった。
MC☆あくしず創刊号から全部保存してるわ。ミリタリー物としては敷居がメッサ低くて解り易いよ。

単純に自分の認識不足なのかもしれません。基本巡回しているところが偏ってますので(;´∀`)
確かに誰にでも読めそうな感じでしたねー ただ一つ物足りない点があったとしたら
折角キャラが立っている人物が多いのに、あまり掘り下げていないところでしょうか…
もっとも、これは連載の都合上あまりページを割けられなかったといった事情が大きそうですけど。

20080703 Thu
内親王那子様 

内親王那子様 

亡国のプリンセスってなんかイイですよね


大艦巨砲主義は漢のロマンです(挨拶

我ながらマイナーなものを描いてるなーと思う今日この頃。
第二種軍装の下をロングスカートにするとかありえないけど
これはこれでとってもアリだと思います(笑

元ネタは「女皇の帝国」というワニノベルス本。
萌えミリタリーなどというジャンルがあったなんて全く知りませんでした(´▽`;
架空戦記をすっごくライト&キャラを際立たせた感じにしたと言うべきかー
まぁ架空戦記自体あんまり読んだ事ないんですけども(熱心に読んだのは「黎明の艦隊」くらい)

本来戦争という大きな流れの中では、一個人の存在など押し潰され流されるものの様に思えますが、
この作品に関しては一人の存在が全体にも一つの戦闘においても影響を与えまくります(笑
そういった意味ではこれまで読んだことのある本とは別種の新鮮さがありました。
気楽に読む分には十分に楽しめる本だと思いますし、あまりこういった分野に詳しくない方にも読める本とも思えます。

ちなみに自分がこの本を知ったのは放蕩オペラハウスさん(※18禁)の何気ない紹介文(5/25)からでした(´▽`)


女皇の帝国①  女皇の帝国②



※リンクにカナ速様追加: 再度ご紹介頂きありがとうございましたー


情報さん返信
>クランー
でかいのいただきました、壁紙に設定しておきます ありがとう!(宇治軍団様)

いえいえー いつもご紹介頂いているささやかな御礼みたいな感じです(´▽`)b
最早MADサイトとは言えないのに毎回取上げて貰えて感謝しておりますー

コメント返信
>ブリタイの親父が出た!と思ったら、チョット違ってた。ファーストマクロスを彷彿させるシーンが多くて、良し悪しは別として、おっさんファンとしてはチョット嬉しい。
なんだか微妙に美化されていましたね(笑
最後のマクロス発見のシーンは震えました。あの艦型は初代以外には無いはず…真相はどうなっているのか、次回の放送が気になって仕方ありません。

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。